富士通主催フードサービス業様向けセミナー



富士通主催フードサービス業様向けセミナーでRobiZyプロジェクト事務局長、専務理事候補の伊藤デイビッド拓史氏が「ロボット市場の動向~フードチェーンストアにおけるロボット導入の可能性~」というテーマで講演をしました。
60社を超えるフードサービス業様が参加されました。





今回のブース出展ではRobiZyプロジェクトのご紹介もしました。


今回のブース出展ではNPO法人RobiZy(申請中)の理事候補会社のニチワ電機がレストランで働くロボット、サウザーの出展をしました。
RobiZyでプロデュースしたロボットです。追従型自動搬送ロボットで、人を認識し、後についてきます。棚は可動式ですので、カスタマイズ可能です。運びたいものに応じて変更できます。またジョイステックモジュールも搭載しており、手動で直感的に操作が可能です。



伊藤デイビッド拓史氏の講演ではロボットの市場、政府が掲げている未来投資戦略2017でのロボットに関する事項が多く含まれていること、外食・中食産業イノベーションに向けたロボット活用事例と実用化のヒントとして実証実験のご紹介、またフード業界に関連するロボットのご紹介などをお話ししました。




またブース展示も行っているレストランロボット、サウザーの実演もしました。実際に人の後に追従する様子を参加者の皆様にご覧いただきました。
最大120kgの荷物を搬送することができ、傾斜6度、段差3cmの路面は走行が可能です。



RobiZyではロボットユーザ側とロボット提供側をつなげる役割を果たします。質のいいロボットビジネスを支援してまいります。
RobiZyは今後ともロボット業界に貢献できるように、活動の幅を広めてまいります。今後ともご支援いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。