東京中小企業家同友会 IT部会


2017年度:第36期 東京中小企業家同友会 IT部会にて北河博康氏(三井住友海上保険株式会社)、伊藤デイビッド拓史氏による記念講演をさせていただきましたさせていただきました。
約50名の経営者様にご参加いただき、ロボットビジネスへの大きな期待の声をいただきました。





北河博康氏によります「次世代ロボットが拓く市場 ~本格的なロボットビジネスの確立に向けて~」というテーマでの講演でした。



深刻な人手不足でロボットの利用は不可欠となっています。また、腰痛は業務上疾病の65%を占めており、介護分野へのロボット導入に注目が集まっています。

様々な分野でロボットへの要求は高まっています。連携した事例を紹介させていただきました。
・ビルメンテナンス業界
・農業用ロボット開発プロジェクト
・配膳ロボット開発支援



またNPO法人ロボットビジネス支援機構の設立についてもご説明させていただきました。


伊藤デイビッド拓史氏から「ロボット市場の動向について ~本格的なロボットビジネスの確立に向けた用途開発~」と題して講演をしました。


当面のロボットのトレンドは「人の代替」、「労働力不足の補完」などになると予想されます。特に農業分野、建築業界、農林産業では人材不足や高齢化が深刻な問題となっており、今後ロボットの需要が高まってくるでしょう。



売れるロボットビジネスの構築には出口を考えておくことが必要です。またコンソーシアムを組んだり、産業化という考え方を視野に入れて開発を行うことが重要です。

世界のロボットの事例も紹介させていただき、RobiZyプロジェクトの概要も説明させていただきました。

懇親会でもたくさんの方と意見交換をさせていただき、ロボットへの期待を大きく感じました。





RobiZyでは今後NPO法人を立ち上げ、ロボットビジネスを本格的に行うためのサポートを行っていきます。
・ロボット売買、情報交換ができる場を提供します。
・RobiZyのパートナーがロボットプロジェクトの発足、プロジェクトマネジメントの支援をします。
・RobiZyパートナーが教育、セミナーなどのロボット普及活動を行います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。